SSブログ

なかなか激しい『第九』でした【ミハラシンフォニカを聴く】 [音楽]

きのうはこちらの演奏会を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
第33回多摩市民第九演奏会/ミハラシンフォニカ第5回演奏会
日時:2020年2月11日(火・祝)14:00 開演
会場:エポックなかはら大ホール(川崎市・中原区)
指揮:三原明人
独唱:横山和美(ソプラノ)
   渡部菜津美(アルト)
   中嶋克彦(テノール)
   原田圭(バリトン)
管弦楽:ミハラシンフォニカ
合唱:多摩市民『第九』をうたう会
合唱指揮:松村詩史
曲目:ベートーヴェン劇音楽「エグモント」序曲
   同 交響曲第9番ニ短調「合唱付」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_ミハラシンフォニカ202002.jpg

ミハラシンフォニカはこれまでベートーヴェンを取り上げているということで、PROJECT Bオケと似ています。
今年の演奏会で「第九」を取り上げて、ベートーベンの交響曲を「コンプリート」するというところも同じです。
さらに、(かなり専門的ですが)弦楽器が「対向配置」だったり、楽譜が「ベーレンライター版」であるとことも共通しています。

ということで、大いに興味を持って足を運びました。

最初は「エグモント」序曲。
引き締まったいい演奏でした。
全体に人数少なめのオケなんですが、コントラバス4人は「もうちょっといてもいいかな」という感じでした。

後半は多摩市民『第九』をうたう会との交響曲第9番。
じつはこの合唱団とは私自身、2度”共演”したことがあります。
”本拠地”であるパルテノン多摩(京王・小田急多摩センター駅近く)が改修中ということもあり、川崎での演奏会となったようです。

演奏ですが、ベーレンライター版のテンポや指示にかなり忠実に従っている印象。
かなり「攻めた」感じで、激しい部分が多かったように思います。
かなり勉強・参考になりました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。