So-net無料ブログ作成

壮大で親しみやすい曲でした【東響の『グレの歌』を聴く】 [音楽]

きのうはこちらの演奏会を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
ミューザ川崎シンフォニーホール開館15周年記念公演「グレの歌」
日時:2019年10月6日(日)15:00開演
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール
指揮:ジョナサン・ノット(音楽監督)
 ヴァルデマール:トルステン・ケール
 トーヴェ:ドロテア・レシュマン
 山鳩:オッカ・フォン・デア・ダムラウ
 農夫:アルベルト・ドーメン
 道化師クラウス:ノルベルト・エルンスト
 語り手:サー・トーマス・アレン
合唱:東響コーラス
合唱指揮:冨平恭平
管弦楽:東京交響楽団
曲目:シェーンベルク「グレの歌」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_グレの歌201910.jpg

無調・十二音技法で知られるシェーンベルク初期の作品。
声楽(6~7人の独唱者と合唱)と巨大オーケストラによる2時間近い曲ですが、歌劇(オペラ)とかカンタータなどのジャンル分けはされていないそうです。
私は初めて聴きました。
(FM放送などで聞いたことはあると思いますが…。)

シェーンベルクの作品、特に後期のものは、なかなか難しい曲が多いんですが、この「グレの歌」は壮大な部分もありながら親しみやすい音楽で、ストーリー性も相まってとても楽しんで聴くことができました。

「巨大オーケストラ」と書きましたが東京交響楽団のツイッターによると、オケの団員が「全員」出演していたそうです。
プロのオーケストラでは、通常、コンサートマスターや各楽器の首席奏者は交代で出演するので、海外公演などをのぞき「首席」が同時にステージに上るのは珍しいんですが、この公演は特別だったということですね。

文字通りステージ上は『超満員』でした。
弦楽器だけで60人以上。
木管楽器は25~26人(フルート・ピッコロだけで8人)。
金管楽器がやはり25~26人。
打楽器は10人以上いて、ハープが4台にチェレスタも。
たぶん120人を超えるメンバーでした。
合唱は200人くらいいたと思うので、独唱者を合わせると320~330人が参加した公演でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

シベリウスらしさを堪能しました【N響9月B定期を聴く】 [音楽]

きのうはN響B定期でした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
NHK交響楽団 第1920回定期演奏会Bプログラム
日時:2019年9月26日(木)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:パーヴォイ・ヤルヴィ(首席指揮者)
独奏:エマニュエル・パユ(フルート)
曲目:トゥール「ルーツを求めて~シベリウスをたたえて~」
   ニルセン フルート協奏曲
   シベリウス 交響曲第6番ニ短調
   同 交響曲第7番ハ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_N響201909.jpg

前半は守備範囲ではないので曲の感想は省略。
パユ(ベルリンフィル首席奏者)のフルートがすごいことは分かりました。

後半は7曲あるシベリウスの交響曲のうち、最後の2曲である6番と7番。
シベリウスは1865年生まれですが、20世紀に入ってから多くの曲を発表しており、この2曲も1910~20年代の作品です。
ストラヴィンスキーやシェーンベルク、ウェーベルンなど一部の作曲家が先鋭的な技法を求めたのに対し、シベリウスは曲によって先進的な響きもあれば、どちらかというと『保守的』な技法の作品もあります。
この2曲の交響曲は、そこまで先鋭的なものではなく、割合「聞きやすい」曲といえると思います。
実際、2曲ともに私が知っているシベリウス作品に出てくるようなハーモニーや楽器の使い方があって、いかにも「シベリウスらしい」曲だと思いました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

三重協奏曲の珍しい実演を聴きました【東京音大111周年記念演奏会シリーズ】 [音楽]

きのうは東京音大キャンパスで開かれた演奏会を聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
東京音楽大学 創立111周年記念演奏会シリーズ
指揮部会 指揮クラブフレンドシップコンサート 室内楽+協奏曲(+指揮)
日時:2019年9月23日(月・祝)18:00開演
会場:TCMホール(東京音楽大学・代官山中目黒キャンパス内)
【第1部】《室内楽》
ヴァイオリン:福田ひろみ/チェロ:朴 賢娥(パク・ヒョナ)/ピアノ:仲田みずほ
   ハイドン ピアノ三重奏曲第27番ハ長調 作品75-1
   メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲第2番ハ短調 作品66
【第2部】《オーケストラ》
管弦楽:学生・指揮教員による特別編成オーケストラ
   モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」序曲(指揮:岡本陸)
   同 歌劇「後宮からの誘拐」序曲(指揮:小林雄太)
   ベートーヴェン ピアノ・ヴァイオリン・ピアノのための三重協奏曲ハ長調 作品56
   ヴァイオリン:福田ひろみ/チェロ:朴 賢娥(パク・ヒョナ)/ピアノ:仲田みずほ
         (指揮:田代俊文/広上淳一/増井信貴)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_TCMホール20190923.jpg

前半はピアノ三重奏曲を2曲。
演奏は指揮科特別アドヴァイザーのお2人とピアノの仲田さん。
このジャンルの曲はふだん聴かないので、この2作品とも初めて耳にしました。

後半は、学生や指揮科の教員からなるオーケストラの演奏。
まず、指揮科の学生(3年生)2人が指揮するモーツァルトの序曲2曲。

そして最後はベートーヴェンの三重協奏曲(トリプル・コンチェルト)です。
ヴァイオリン協奏曲や5曲のピアノ協奏曲に比べ、演奏機会がかなり少なく、実演を聴いたのは初めてでした。
前半の室内楽(三重奏曲)と同様すばらしいアンサンブルで、楽しんで聴くことができました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

流麗なマーラーでした【読響日曜マチネーを聴く】 [音楽]

きのうは定期会員になっている読響日曜マチネーでした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
読売日本交響楽団 第220回 日曜マチネーシリーズ
日時:2019年9月22日(日)14時開演
会場:東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋)
指揮:セバスティアン・ヴァイグレ(常任指揮者)
独奏:ルドルフ・ブッフビンダー
曲目:ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番ト長調
   マーラー 交響曲第5番嬰ハ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_読響201909.jpg

読響は前々日(金曜)の「名曲シリーズ」と前日(土曜日)の土曜マチネーも同じプログラムということで、3日間同じ曲を演奏したわけですが、その最終日でした。
実は、NHK交響楽団も金曜と土曜にマーラーの5番を演奏していたので、この3日間に日本のトップクラスのオケが5回もこの曲を演奏していたことになります。
(そういえば、読響のコンサートでもらった演奏会チラシの中に、マーラー5番が曲目に入っているものが4枚もありました。)

さて、前半は巨匠ブッフビンダーを迎えてのベートーヴェンの4番の協奏曲。
2年半ほど前に自分で指揮しましたし、去年の演奏会ではコントラバスを弾いたよく知っている曲です。
ブッフビンダーはN響(モーツァルト20番)とウィーンフィルとのベートーヴェン・ピアノ協奏曲全曲演奏会を聴いたことがあるので、この4番も1度聴いています。
詳しいことを記憶しているわけではありませんが、以前聴いた時も、きっちりと正確に作り上げるというよりは、自家薬籠中のものとして自由に弾いている感じを受けました。
きのうの演奏でも、まさに同じような印象で、『現代最高のベートーヴェン弾き』とも称される巨匠ならではという感じでした。

後半はマーラー5番。
自分でも2〜3回弾いたことありますが、アマチュアにとってはまさに大曲で、技術的にもとても大変ですが、読響の皆さんは(当たり前ですが)事もなげに演奏している感じでした。
(それがプロの演奏というものですね。)
きのうの演奏は、とても流麗な印象でしたが、ときどき「流れすぎかなあ」とも思われる箇所があって、これは好みが分かれるかもしれないと思いました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

若いソリストたちの演奏を堪能しました【東京音大111周年記念演奏会を聴く】 [音楽]

きのうは、東京音大で開かれた演奏会を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
東京音楽大学創立111周年記念演奏会シリーズ
ピアノ部会 煌めきのモーツァルト ピアノ協奏曲集
学生とオーケストラが贈る111周年から未来への始動
日時:2019年9月15日(日)15:00開演
会場:中目黒・代官山キャンパスTCMホール(東京・目黒区)
管弦楽:東京音楽大学特別編成オーケストラ
曲目:モーツァルト ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」K.271 変ホ長調
  (ピアノ独奏:伊舟城歩生、指揮:田代俊文)
   同 ピアノ協奏曲第17番 K.453 ト長調
  (ピアノ独奏:安並貴史、指揮:広上淳一)
   同 ピアノ協奏曲第21番 K.467 ハ長調
  (ピアノ独奏:佐川和冴、指揮:増井信貴)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_TCMピアノ協奏曲演奏会20190915.jpg

独奏は3人とも東京音大の学生や大学院生で、オーケストラも全員学生さん。
指揮はそれぞれ指揮科の教授でした。

独奏はどれもすばらしくて、オケも「特別編成」とは思えないアンサンブル、若々しい演奏を堪能しました。
でもモーツァルトは難しいですね。
特にコントラバスはかなりの難易度だと改めて思いました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

【追記あり】"Lionbass"購入20周年 [音楽]

きのう9月8日は、私の愛器"Lionbass"(ライオンベース)購入20周年でした。

こちらがLionbassの写真です。
IMG_9760Lionbass-f0bf1.jpg

一番上の「うずまき」「スクロール」などと呼ばれる部分が、ライオンの彫刻になっているので、Lionbassという名前を付けてます。
IMG_9757Lionhead.jpg

いろんなところでハンドルネーム、アカウント名にも使ってます。


Lionbassを買ったのは、当時、新大久保にあったコントラバス専門の楽器店「弦楽器の山本」です。
購入した1999年9月8日は、東京・池袋で通り魔事件があった日です。
購入して帰宅するとき、付近の上空を報道のヘリコプターが飛んでいたので、日付を忘れることがありません。

その「弦楽器の山本」はつい先日、営業を終え閉店してしまいました。
店主の山本さんは、「弦楽器の山本」開業前、別の楽器店にお勤めだったころからのお付き合いでした。

ところで、Lionbassの内部に貼られているラベルはポーランド語が書かれています。
img_Lionbassラベル.jpg
ポーランド語はもちろん分からないのですが、ブログにアップしたところ、会社の同僚が知人に読んでもらって、教えてくれました。
(その頃は、簡単に使えるウェブ上の機械翻訳などはありませんでした。)

それによると、以下のような文章が書かれているということです。
*************************
Franciszek Borowiackie
wykonal w Lublina
Roku Panskiego 1922.
----------------------
フランツィシェク・ボロヴィアツキイは
ルブリナで演奏した
主の年1922年に

(wykonalの'l'は'l'に斜め線を引いた半母音、'Panskiego'の'n'はアクサンテギュが付く軟子音)
*************************



【追記】
と長い間思っていたんですが、今Google翻訳にかけたら、以下のようになりました。
*************************
フランシスチェク・ボロヴィエツキー
彼はルブリンで作った
主の年1922年。
*************************


やっぱり「作った」つまり製造年でいいのかもしれません。
ということは、あと3年、2022年に製作100周年になりますね。
なお、明らかにポーランド人と思われる"Franciszek Borowiackie"がどんな人物かは不明です。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

ヴァイオリンの妙技を堪能しました【佐藤久成リサイタルを聴く】 [音楽]

きのう土曜日は、PROJECT Bで何度も共演したピアニストの田中良茂さん経由でお誘いがあり、ヴァイオリンの演奏会を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
佐藤久成 ヴァイオリン・リサイタル
日時:2019年9月7日(土)18:00開演
会場:タカギクラヴィア 松濤サロン(東京・渋谷)
ヴァイオリン:佐藤久成
ピアノ:エミィ・トドロキ・シュワルツ
曲目:グリーグ ヴァイオリン・ソナタ第1番 ヘ長調
   レスピーギ ヴァイオリン・ソナタ ロ短調
   ルクー ヴァイオリン・ソナタ ト長調
   ボーム「カヴァティーナ」
   アウリン「フモレスケ」
   チャイコフスキー「ワルツ・スケルツォ」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_佐藤久成リサイタル201909.jpg

独奏の佐藤さんは、CDを何枚も出している『実力派』のヴァイオリニスト。
私も1枚だけ所有しています。
『オード・エロティーク』~佐藤久成

『オード・エロティーク』~佐藤久成

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: イヤーズ&イヤーズ・クラシックス
  • 発売日: 2012/08/02
  • メディア: CD

ヴァイオリンのリサイタルは、きっかけがないとなかなか足が向かないわけですが、お誘いを受けたのと、会場が我が家から便利な場所にあるので伺いました。

ヴァイオリンの曲には詳しくないので、最後のチャイコフスキー以外は初めての作品ばかり。
特に、ルクー、ボーム、アウリンの3人の作曲家は名前さえ聞いたことがありませんでしたが、佐藤さんの抜群のテクニックと表現力で、どれも楽しんで聴きました。
中でもボーム(ドイツ)、アウリン(スウェーデン)の2人の小品は、親しみやすくて素敵な曲でした。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

残響も生かした好演・熱演でした【東京カテドラルコンサートを聴く】 [音楽]

きのうは友人・知人多数出演の教会でのコンサートを聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
第4回 東京カテドラルコンサート「ユニセフ募金支援」
日時:2019年9月6日(金)18:00開演
会場:カトリック関口教会 東京カテドラル聖マリア大聖堂(東京・文京区)
指揮:潮見尚宏
曲目:J.S.バッハ 「小フーガト短調」(オルガン独奏)
   ロッシーニ 歌劇「ウィリアム・テル」序曲
   スメタナ 交響詩「わが祖国」より「モルダウ」
   ラヴェル バレエ音楽「ボレロ」
   ムソルグスキー(ラヴェル編曲)組曲「展覧会の絵」
   ヘンデル 「ハレルヤコーラス」(オラトリオ「メサイア」より)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【東京カテドラル(外観)】img_東京カテドラル201909.jpg


会場の東京カテドラルは、ホテル椿山荘の目の前にある大きな教会の大聖堂。
ときどきコンサートが開かれているのは知っていましたが、初めて訪れました。
演奏を聴いてみると、予想通りの強烈な残響。
(たぶん3秒以上の長さだと思います。)
いきなりここで演奏するとかなり戸惑うと思うんですが、演奏者は慣れているようで、それを計算した上で臨んでいるようでした。

それでも、緻密なアンサンブルが必要な部分よりは、響の豊かさで聞かせるような曲・部分の方がいい演奏だったと思います。
特に「ボレロ」は各管楽器のソロがそれぞれ大変健闘していて、とても盛り上がった熱演でした。

指揮者は私がよく知っている人ですが、曲をよく理解した上で振っているようで、素晴らしい指揮ぶりでした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

チェロ協奏曲が素晴らしい演奏でした【東京楽友協会響を聴く】 [音楽]

きのうは、ほぼ毎回聴いている「楽友響」の演奏会へ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
東京楽友協会交響楽団 第107回定期演奏会
日時:2019年9月1日(日)13:30開演
会場:かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール(東京・青砥)
指揮:田部井剛
独奏:佐山裕樹(チェロ)
曲目:リムスキー=コルサコフ 「スペイン奇想曲」
   ドヴォルザーク チェロ協奏曲 ロ短調
   ショスタコーヴィチ 交響曲第6番 ロ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_東京楽友協会オケ201909.jpg

1曲目は「スペイン奇想曲」。
私自身、今年初めに演奏したばかりですし、以前にもやったことのある曲で、楽しく聴きました。
ちょっと管楽器と弦楽器のバランスが悪いような気もしましたが、各楽器に出てくるソロはどれもいい出来でした。

2曲目はドヴォルザークのチェロ協奏曲。
ソリストの佐山さんは20代前半だと思うんですが、堂々としていて、でも繊細な部分もあるとても素晴らしい演奏でした。
やはり名曲ですね。

後半はショスタコーヴィチの交響曲6番。
実演を聴いたのは(たぶん)初めてだと思います。
各所に「ショスタコーヴィチらしさ」のある曲で、前の作品である有名な第5番にも似た響きも。
各楽器・パートとも、楽友響らしいいい演奏でした。
(実は前日に第5番を演奏する演奏会のスタッフをやったばかりでした。)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

がんから復帰のマエストロ尾高はお元気そうでした【読響土曜マチネーを聴く】 [音楽]

きのうは読響の土曜マチネーを聴きに行きました。
会員になっているのは日曜日の方なんですが、予定があるため振り替えました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
読売日本交響楽団 第219回 土曜マチネーシリーズ
日時:2019年8月24日(土)14時開演
会場:東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋)
指揮:尾高忠明(名誉客演指揮者)
独奏:アナ・マリア・バルデラーマ(ヴァイオリン)
曲目:メンデルスゾーン 序曲「フィンガルの洞窟」
   同 ヴァイオリン協奏曲ホ短調
   チャイコフスキー 交響曲第6番ロ短調「悲愴」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_読響20190824.jpg

前半はメンデルスゾーンのポピュラーな2曲。
きちんとした演奏でした。(当たり前ですが)

ヴァイオリン独奏のアナ・マリア・バルデラーマさんはスペイン出身とのこと。
プログラムなどには「ヴァルデラーマ」と表記されていますが、スペイン語の「V」は事実上「B」と同じ発音ということなので、「バルデラーマ」の方がいいかもしれません。
とても美しい音色の独奏でした。

後半はチャイコフスキーの最後の作品、「悲愴」交響曲。
これも手慣れた感じで、推進力のある演奏でした。

演奏終了後、マエストロ尾高が客席に向かって「私、がんだったんです。でも治りました」と語りかけた後、「病気した後、最初に読響とやるのが『悲愴』とは。もっと楽しい曲がよかった」などと冗談を言って会場の笑いを誘っていました。
マエストロは前立腺がんでしばらく演奏活動をお休みしていて、復帰したばかりですが、とてもお元気そうで、ずっと立って指揮してました。


ところで、読響は3日前にもメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を別の指揮者、別の独奏者で演奏していたようです。

読響の最近の演奏会の曲目を見てみると、18日には「三大交響曲」と題して「未完成」(シューベルト第7番)、「運命」(ベートーベン第5番)、「新世界より」(ドヴォルザーク第9番)。

21日には「三大協奏曲」というタイトルの演奏会でメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲(独奏:高木凛々子)、ドヴォルザークのチェロ協奏曲(独奏:アレクサンドル・ラム)、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番(独奏:アレクサンダー・マロフェーエフ)というプログラムでした。
(指揮者は18日、21日ともマルチェロ・レーニンガー)
手慣れた曲ばかりでしょうが、大変そうです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽